鹿児島 姶良市の歯科医院、インプラント歯科医といえば中山歯科医院

 

金属床の入れ歯

一般的な保険適用範囲内の義歯床がプラスチックを主材料とするのに対して、この部分を金属(チタン、金合金、コバルトクロムなどの合金)でつくる入れ歯を金属床義歯といいます。
プラスティックよりも薄くすることができますから、人によってはしゃべりやすかったり、違和感が少なくなることもあります。耐久性にも優れており、清潔で維持しやすいことも特長。しかし非常に高価ですので、保険の入れ歯ではどうしても満足できないという場合に、歯科医とよく相談して選択してください。

バネのない入れ歯

義歯床が弾性に富んだ特殊プラスチック素材からできており、金属バネを使用せずに固定できます。金属製のバネがお口の中にあるとどうしても見た目の美しさが損われがちですが、バネのない入れ歯であれば安心。自信を持って心おきなく笑顔になれます。また、割れにくい素材なので薄くすることができます。金属床との組み合わせも可能ですから、より快適で丈夫な入れ歯が実現します。

オーバーデンチャー用インプラント

オーバーデンチャーとは、現存した歯やインプラントを入れ歯で覆いかぶせ、それらの歯やインプラントを支持として使う入れ歯の事です。
通常の入れ歯は粘膜で噛む力を支えますが、オーバーデンチャーは入れ歯でありながら、歯やインプラントで支えます。これにより粘膜だけで支える通常の入れ歯よりも支持性が上がり良く噛めるようになるのが最大の利点です。

粘膜で入れ歯を支えるには限界もあり、インプラントを用いて入れ歯を支持する事は、物を噛む能力を上げるとても有効な手段です。

オーバーデンチャーは総入れ歯から、部分入れ歯まで適応範囲は広いです。その患者さんの欠損状態によって入れ歯のデザインをし、設計を立てます。