【歯周病】歯周炎と歯槽膿漏の違いとは?

姶良市にある歯医者【中山歯科医院】です。

歯周病は、口腔内の組織に影響を及ぼす疾患であり、特に歯周炎と歯槽膿漏はよく知られた病態です。しかし、これらの疾患の違いについて理解している方は少ないかもしれません。今回は、歯周炎と歯槽膿漏の違いについて詳しく解説し、それぞれの特徴や治療法についても紹介します。

歯周病とは何か?

歯周病は、歯とその周囲の組織に影響を及ぼす口腔内の慢性的な炎症です。主な原因は、歯垢(プラーク)と歯石(ターター)による細菌の増殖であり、これが歯周組織にダメージを与える過程が歯周病の始まりです。歯周病は、放置すると歯肉の炎症から始まり、徐々に深刻な問題を引き起こす可能性があります。

歯周炎とは?

歯周炎は、歯周病の中で最も一般的な形態であり、歯肉の炎症が主な特徴です。歯周炎の初期段階では、歯ぐきが腫れ、赤くなり、触ると出血することがあります。進行すると、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの間のスペースが深くなり、細菌がたまりやすくなります。この状態が放置されると、歯周炎はさらに進行し、歯周組織や骨が破壊され、歯が抜け落ちる可能性があります。

歯槽膿漏とは?

歯槽膿漏は、歯周病の進行した状態の一つで、歯周炎が深刻化した結果、歯槽骨(顎の骨)に感染が広がり、膿(プッシュ)がたまる病態です。歯槽膿漏では、歯周ポケットがより深くなり、膿がたまることで歯根の支持組織が崩壊してしまいます。これにより、歯がぐらついたり、痛みを感じるようになります。放置すると、歯槽膿漏は歯を失う原因となる可能性が高まります。

歯周炎と歯槽膿漏の違い

歯周炎と歯槽膿漏の主な違いは、炎症が進行した段階にあります。歯周炎は、初期段階で歯肉の炎症が主な特徴ですが、歯槽膿漏では、歯槽骨に感染が及んでいるため、膿がたまる状態にあります。また、歯周炎は歯周組織の炎症が主であるため、歯ぐきの出血や腫れが目立ちますが、歯槽膿漏は歯ぐきの炎症がそれほど目立たないことがあります。

歯周病の治療法

歯周炎の治療は、初期段階では歯ぐきの炎症を抑え、歯周ポケットの深さを減らすことが重要です。歯科医師はプロフェッショナルなクリーニングを行い、歯ぐきの状態を改善するために歯石の除去を行います。進行した場合は、歯周ポケットの洗浄や抗生物質の処方、さらには手術が必要な場合もあります。

一方、歯槽膿漏の治療はより複雑であり、膿の排除や歯槽骨の修復を行うことが必要です。歯科医師は歯周ポケットを清掃し、膿を除去します。さらに、歯槽骨の再生を促すための手術や薬物療法が行われる場合もあります。

歯周病は歯周炎の段階で治療することが大切

歯周炎の段階できちんと治療をすることは、歯を残すために非常に重要なポイントです。歯周炎は初期段階では歯ぐきの腫れや出血といった比較的軽い症状から始まりますが、放置すると炎症が進行し、歯周ポケットが深くなります。この段階で適切な治療を行わないと、歯周炎はさらに進行し、歯を失う原因となる可能性が高まります。

歯周炎の初期段階では、歯科医師による専門的なクリーニングやプロフェッショナルな歯磨き指導を行います。また、歯周ポケットの測定やレントゲン撮影などの検査を通じて、炎症の進行具合や歯周組織の状態を評価します。早期の段階で治療を行うことで、歯周炎を進行させる原因となる歯垢や歯石を除去し、炎症の進行を食い止めることができます。

さらに、歯周炎の治療では、患者さんに対して適切な口腔ケアの指導が行われます。正しい歯磨き法や歯間ブラシ・フロスの使用方法を学ぶことで、患者さん自身が口腔ケアに積極的に取り組むことができます。歯科医師との連携を保ちながら、定期的な歯科検診に通うことも大切です。定期的な検診では、歯周炎の進行を早期に発見し、必要な治療を行うことができます。

歯周炎の段階で適切な治療を行うことで、歯周組織の健康を維持し、歯を失うリスクを減らすことができます。歯を残すためには、早めの治療と定期的なケアが欠かせません。歯周炎に気づいたり、歯肉に異常を感じたりした場合は、早急に当院までご相談ください。

姶良市で歯周病のことなら中山歯科医院へ

歯周病は、歯周炎と歯槽膿漏の2つの主要な形態に分類されます。歯周炎は初期段階で歯ぐきの炎症が主な特徴であり、歯槽膿漏は歯周炎が進行した結果、歯槽骨に感染が及んで膿がたまる状態です。早期の診断と適切な治療を行うことで、歯周病の進行を防ぎ、健康な口腔環境を維持することが重要です。定期的な歯科検診と適切な口腔ケアを心がけましょう。

姶良市で歯周病のことなら中山歯科医院までお気軽にご相談ください。

中山歯科医院の歯周病専門医についてのページはこちら